FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トップ

時限爆弾



遠くなるほど、"あなた"は染み渡っていく

確実に心を蝕んでいて

分かってても、止めることなんかできなかった

まだ近くに居られたときは

"好き"という気持ちは幼くて

傷つくなんて思ってなかった

でも、いま、一番遠ざかって、知ることになる


「愛してる」の気持ち






気付いた時には、もう手遅れ。

スポンサーサイト

2009年03月21日 | 独白 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | トップ

理由



恥ずかしいのは、気になるから

それでも視線を逸らせないのは

恋をしているから。

不安になるのは、好きだから

それでも一緒にいたいのは

愛しているから。

離れてしまっても忘れないのは、大切だから

それでも忘れようとするのは

忘れなければいけないから。


できないけれど

抱きしめたいのは

君だから。






ただそれだけのことなんだ。

2009年02月14日 | 独白 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | トップ

叫び



「ぼくがいけないの?」

問いかけるたびに、胸は痛む

答えの無い問いかけは

恨みの言葉にしかならない

口に出せない叫びは

からっぽな心の中にしか響かない

誰かへ届かせようとするたびに

反響する胸は痛む


誰も「違う」と言って許してはくれないから

答えの無い恨みの言葉を繰り返しては

また痛みを抱えながら

届かない叫びを響かせる






ずいぶんと昔からこうだった。

2009年01月30日 | 独白 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | トップ



背中が痛い。

いつまでも続く痛み。

大切なものが失われていくのに、どうすることもできない自分。

欲しいものが手に入ったときとは正反対の感情。

欲しかったものは、一時の間しか手に入らない。

無力。虚無。絶望。哀愁。

すべてが、いっぺんに襲ってきた。


闇に突き落とされた自分。

抜け落ちた羽根は、空高く舞ってゆく。






中学とかその辺に書いたものだから、妙に懐かしい。

2009年01月29日 | 独白 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | トップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。