FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トップ

09 空ばかりみていた

というわけで、「祈る」で10のお題。
ひっそり訪問させていただいてる、こちらのサイト様からお借りしました。
なんといいますか、こう、身振り手振りをした挙句「好きです」としか言いようがない。
いつもにやにやさせていただいて、ほんともう、ありがとうございます(とネットの端で告白大会
夢小説はどれも百合なので、興味のある方はゼヒ。


さて、お題とか初めてなので、どう捉えて良いものか分からず混沌としてますが。
ていうか、祈ってないとダメですよね。
全然そんな感じになりませんでした・゚・(ノД`;)・゚・ゴメンナサイ!
インスピレーションで生きてるので。ここの駄文は大体そんな成分で成り立っている。


例の如く百合っぽいですが、それ以前に根暗です。なぜって書いてる人がそうだから(´∀`)
踏まえた上で、よろしくお願いします_(._.)_





09 空ばかり見ていた



屋上への重い鉄扉を押し開けると、やはり彼女は居た。
立ち入り禁止であるはずのそこに、彼女はまるで住人のようにいつも居た。
かくいう私も、彼女を見つけてから、ほぼ毎日来ている。
彼女はいつも、空を見ていたから。
何をするでもなく、柵に寄りかかったまま、じっと。
飽きることなく、いつまでも。
彼女が何を見ているのか知りたくて、共有したくて、私も隣に立って、一緒に空を見上げていた。
見えるものに、変哲は無かった。
青と白と灰、鳥と飛行機と雫。これらのサイクル。
ただ、それだけのことであるはずなのに、彼女はとても苦しそうに見上げていた。
青と白と灰、鳥と飛行機と雫。この中に、彼女を苦しめるものがあるのだろうか。
あるいは、彼女には、私たちには見えないモノが見えているのだろうか。

「見えないんだ」

ぽつりと、彼女が漏らした。
投げかけていないはずの問いに答えられ、私は戸惑う。
しかし、彼女は変わらず空を見ていた。

「ずっと、逃げ場所を探しているんだけど、見つからないんだ」
「にげ、ばしょ・・・?」

混乱の中で、やっとそれだけを彼女に返すことができた。
返してから、その言葉が低音で胸に響いてきた。

「逃げたいの?」
「そう」
「何から?」
「わからない」
「それじゃぁ、追われているかも分からないじゃない」
「そうだね」

でも、衝動なんだ。見上げたまま、彼女は言う。

「立ち止まったら、あるかも分からない“何か”に呑み込まれちゃいそうで、怖いんだ」

振り返ることも許されず、彼女はひたすら走り続ける。

「だから、確実な安息のために、逃げ込める場所を探してる」
「見つかりそう・・・?」
「ううん、全然。ずっと見つからないのかもしれないし、もしかしたら、明日には見つかるかもしれない」

今、この瞬間にも。彼女は逃げ場所を見つけてしまうのかもしれない。

「・・・でも、ここからじゃ、もう見つからないのかもしれない」

ぽつりと、彼女がまた呟いた。
私は、聞こえなかったフリをした。



次の日も、その次の日も、その次も。
私は屋上へ行き、柵に寄りかかって空を見上げた。

彼女は、もういなかった。

何度となく胸の内で繰り返した問いに、あの日は答えてくれたこと。
それは、予告だったのだ。
これが、最後だからと。

「どこへ、いったの?」

ここではないどこかに、逃げ場所を探しに行ったのか。
あの後、逃げ場所が見つかって、行ってしまったのか。
私には、わからなかった。
そんな私にも、わかったこと。

彼女には、空しか見えていなかった。

ずっと隣に居たのに、それでも、私は選ばれなかった。
黒い感情が渦を巻く。
彼女が苦しんでいたことを知っているのに。
彼女が逃げ場所を見つけていなければいいと思った。
そうすれば、帰ってくるかもしれないから。
手を伸ばしても、彼女には届かないから。
彼女が自ら、すぐ隣に在った逃げ場所に飛び込めばいいと。

「叶うわけが、ないのに」

こんなに汚いから視界に入らなかったのだと、分かっているのに。

彼女は今も、空を見上げているのだろう。
だから私も、前と変わらず見上げていよう。
もう少しだけ、彼女の隣に立っていたいから。

今日は、青と白、鳥と飛行機だけが見えた。

そこに、雫が落ちた。


スポンサーサイト

2009年02月05日 | [10のお題]祈る | コメント 0件 | トラックバック 0件 | トップ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。