FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トップ

今更ですが。

ちょっと何もあげる物がないので、遅ればせながら夏コミの話でも。

予想以上に長くなった上に、それでも1日目の話しかできてないという語りっぷり。
思い出(主にネタ的な)メモなんで、読んでもなんの得にもなりません。
あ、「あのくそ暑い中にわざわざ飛び込む阿呆がいたのか」と優越感には浸れるかもしれません。

そんなSな方は追記からどうぞ。




まずは、1日目の話。主に企業目当て。
最近、行く度に人(徹夜組も全体的にも)が増えてるから、始発で行ったらどれぐらい並ぶだろうと不安だったんですよ。
特に、1日目は自分と同じ企業目的の人が多いですからね。

いっそ東から入ろうかと企てていたところ、
夜中にかかってきた友人からの好意で、比較的早めに会場入りできることになりまして。
とりあえず始発では行ったんですが。

本当に、頼もしい友人がいてよかった((゜Д゜;;;)))

と、普段足蹴にしている友人に心底感謝するほどの人の山でした。
俺、あんなの並んでたら倒れる自信ある。一人なら尚更。精神的にキツイ。夏だし(夏嫌い
まぁ、去年はその山の一部だったんですが。あは。



ともあれ、友人らと共にお互いの健闘を祈りながら中で分かれまして。
一目散に「ぽにきゃん」ブースへ。
個人的大注目の「CANAAN」のDVD付劇場チケットを買いに。これが限定1000ぐらいだったので買えるか心配だったんです。
いや、まぁ、無事に買えたんですが。何故か、同じブースの女性向けCD専用の列に並ばされそうになった。
一般列に並ぼうとしてんのに、CD列のスタッフにも一般列のスタッフにも「CDの列はこちらです!」って何度も叫ばれて。
ち、違いますからっ、普通の列でいいんです!カナンが欲しいんです!(゜Д゜;)みたいな状況に。
女子がみんな腐女子だと思うなよ!俺は腐男子だ!!(むしろ、女子扱いされたことにびっくらこいた

そいで、優先順位は低かったけど、お隣だったので「ランティス」さんにて、「文学少女」のアルバムを購入。
みなさん、「文学少女」ご存知ですかね。もう有名かとは思いますが。ラノベなんですけど。すごくいいです。この話も、また次の機会にでも。

そのまま「エンターブレイン」ブースへ行き、ここでも「文学少女」のグッズ購入。
ここで、衝撃。
今度劇場化されるんですが、ブースにて初めてアニメ絵を見まして。
"あんぐり"状態でした。まだ一枚絵だったので、動いてみないと分かりませんが。遠子先輩ッ…!!

テンションを下げている場合ではないと、さっさと「エグゾースト」ブースへ。
ここでは、カナンのスポーツタオルを求めに。
タオルとかはライブとか特別な時以外は買わない方なんですが、並べて飾りたくてどうしても。
(飾る場所(カーテンレール等)がない現実に気付くのは、疲れきって帰ってからである)

この際だからと「グッドスマイル」ブースにて、迷っていたカナンのビッグタオルを買いにゆく。
が!!しかし!!
案の定、ブース周りでは列が作りきれず、別のところに最後尾があるようで。
大体どの辺りかスタッフのお兄ちゃんに聞くと、何やら外ではなく、内部の端の方にあると言われまして。
外だと思い込んでいたのでテンパりながら列を探すも、それらしいものが見当たらない。
というか、人多すぎてどこが列か分かんねェ!!



ということで、早々に諦めて、少しだけ東へ。(移動中も人多いなぁとか)
残念ながら1か所(静なつ本)完売だったけど、この先も出るようなので安心。

そろそろみんなが集まる時間だと思いながらも、諦めきれずにもう一度グッスマへ。
直結のエスカレータが使えないせいで遠い遠い西へ着けば。
今度は列を見つけられたものの(やはり外だった)、あまりに長い列に、今度こそギ、ブアッ・・ぷ・・・パタリ

そのあとは、可愛い女の子が描かれたおっきなショッパー等を誇らしげに持った友人らとのんびり帰りました。なんて羞恥プレイ。つか、超電磁砲と戦場ヶ原を俺に寄こせ。



あ、リリカルな前売り券は友人の友人に頼んでちゃっかり手に入れました。ありがとうございます。
そして、がんばったカナンのDVDは詐欺だと思った。あれは映像特典でいいだろう。



次回予告「戦場の3日目」

スポンサーサイト

2009年08月27日 | 未分類 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | トップ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。